机の上でうなだれている人

病院を受診する

治してくれる機関

精神的な病気にかかった場合、普段体の病気に関することでかかっている医者では対応することができない。内科や外科でも、施術の内容が違っており、精神的なものになってくると医療体系がまったく異なるからである。うつ病の症状が出たと自己判断し、正しい診断を行ってもらうには、専門機関を受診することが大事である。うつ病の症状を治してくれる機関には、メンタルクリニックや心療内科がある。こういった、精神や心療系の機関には、医療機関以外にもカウンセリングや学校や企業の臨床心理士も頼りになる。

神経科の利用

他にも、神経系や精神神経科といった医療機関を利用することができる。臨床心理士も精神的な病気を診断し、治療を行ってくれるが、精神神経科では、より神経系のことを重視した治療が行われる。もし抗うつ薬を投与した治療を行いたいのであれば、神経系の療法を行っている場所を選ぶと良いであろう。また、うつ病は脳の病気でもあるため、薬以外にも脳に対する施術を行なう方法も提示されている。

副作用が少ない

神経系の刺激をする最新の治療として、磁気刺激や光トポグラフィーなども提示されている。磁気刺激は、血流の低下や代謝の低下といった症状が起きているうつ病に効果があるとされている。抗うつ薬には下痢などの副作用があるため、他の病気を発症しており下痢の症状がある人は、抗うつ薬を使うことに抵抗がある人もいる。そんな症状がある人のためのうつ病治療方法も用意されているので、それぞれの病院を調査し、その人に合った方法を見つけることが大事である。

うつ病の症状と治療費の軽減

うつ病は、2週間以上の間強いうつの状態が続くこといいます。 症状は、無気力になり、何事に対しても、意欲や関心がおきなくなります。以前は好きだったことをしても楽しく感じなくなってしまいます。また、不安な気持ちになったり、イライラするなど焦燥感にかられたり、死にたい、消えてしまいたいと自殺願望がでたりします。 身体にも様々な症状がでます。食欲の低下、不眠、性欲の減退、頭痛や肩こり、めまいなどです。 このような症状が出た場合は、早めに病院を受診しましょう。精神科、心療内科、神経科などで診察をしてもらいます。 正しい診断をしてもらうために、医師にはウソをつかず、率直に話をするようにしましょう。 うつ病は風邪などとは違い治療の期間が長くなることがあります。健康保険は適用になりますが、患者の負担は大きいです。 そこでうつ病の患者の負担を軽減する制度があります。これを利用すると、1か月あたりの利用額の上限が設定されますので、ぜひ利用をおすすめします。

うつになりやすい人とは

うつ病になる原因はあるのでしょうか。うつ病になりやすい人の性格の傾向として、真面目で頑張り屋さんということがあげられます。完ぺき主義で努力家な方が多いのです。自己評価が低く、自分はまだまだだという思いが強く、頑張り続け、その結果突然無力感に襲われる症状があらわれ、うつ病を発症してしまうのです。 団塊の世代でがんばってきた50代に多いとも言われています。 うつ病にならないためにはどうすればよいのでしょうか。 まず、思考を変えていきます。うつになりやすい人は、完ぺきでなければならない、100点でないと意味がないというような考えをしやすいです。80点でも合格というように中間的なものを認められるようになることが大切です。 そして太陽の光を浴びることが大切です。うつ病は日照時間が少なくなる冬季に発症する人が多いです。日中は外へ出て、太陽光を浴びることで、体内のリズムを整えることができます。 仕事などで室内にいる人はカーテンを開け、太陽の光をたくさん取り込むようにしてください。